三好興業 株式会社

〒916-0029
福井県鯖江市北野町2丁目20-5 [地図]
TEL:0778-52-1400 / FAX:0778-52-2803
Eメール office@miyoshi-i.co.jp
メニューを閉じる
0778-52-1400
平日 8:00〜17:00

生産技術、開発担当の方、お気軽にお問い合わせください。

ホームページから問い合わせる
閉じる

会社案内

ごあいさつ

私達は熱可塑性樹脂(ポリカーボネート)による眼鏡用偏光レンズを主に製造している会社です。この商品は世界に販売されております。
「医療用レンズを通じて、人々の目の健康と安全性を提供して、社会の発展に貢献する」という存在理念のもと、独自技術に立脚した特色となる存在感のある会社として常に創意工夫に挑戦し続けております。

近年の地球環境の変動、IT技術の進化における光が我々の目に与える影響は健康安全に対する意識の高まり、顧客ニーズの多様性化により、様々な変化やトレンドが生じています。

当社グループでは、プラスチックシート(ポリカーボネート)の球面曲げ加工、射出成形の独自技術、表面加飾、ハードコート加工を通して、高機能商品を提供しております。

一方で持続的な成長を実現していくには、従来の枠にとらわれず、自社の強みを生かし常に創意工夫を怠らず新たな分野に挑戦してまいります。

代表取締役社長 三好 和之

私達は熱可塑性樹脂(ポリカーボネート)による眼鏡用偏光レンズを主に製造している会社です。この商品は世界に販売されております。
「医療用レンズを通じて、人々の目の健康とアンゼ性を提供して、社会の発展に貢献する」という存在理念のもと、独自技術に立脚した特色となる存在感のある会社として常に創意工夫に挑戦し続けております。

近年の地球環境の変動、IT技術の進化における光が我々の目に与える影響は健康安全に対する意識の高まり、顧客ニーズの多様性化により、様々な変化やトレンドが生じています。

当社グループでは、プラスチックシート(ポリカーボネート)の球面曲げ加工、射出成形の独自技術、表面加飾、ハードコート加工を通して、高機能商品を提供しております。

一方で持続的な成長を実現していくには、従来の枠にとらわれず、自社の強みを生かし常に創意工夫を怠らず新たな分野に挑戦してまいります。

代表取締役社長 三好 和之

活発な行動力と新鮮な創造力を持って挑戦する人財

プロとしての自覚をもち責任を果たす。
自分で考えて的確な判断をくだす。
私たちは常に自分の仕事に自信と誇りを持って取り組んでいます。

社是

仕事を通じて喜びの種まきをしよう
創意工夫で日々前進しよう
盛時に驕るな哀時に悲しむな

経営方針

常に最良と最高の商品を安定供給することにより
  顧客、パートナー、社員との信頼関係を築き
お互いが共に繁栄、成長する事を目指し、
地域社会に貢献して、感謝、報恩の精神に努める

会社概要

会社名 三好興業株式会社
創立 昭和23年9月10日
資本金  2,000万円
代表取締役社長 三好和之
従業員 30名
部門 Optical Lens(偏光度付レンズ製造・販売)
関連会社 (株)MKC
(株)三興
(有)ヴィンネットワーク
所在地 〒916-0029 福井県鯖江市北野町2丁目20-5
連絡先 TEL: 0778-52-1400 / FAX: 0778-52-2803

会社沿革

1912年 越前瓦の製造開始
1948年 株式会社に改組し三好興業株式会社として発足
1955年 織布部門に進出
1968年 眼鏡用ガラスレンズ製造に進出
1974年 眼鏡用プラスチックレンズ製造開始
1983年 鯖江市北野2丁目に現社屋新築移転
1995年 ポリカーボネイト(PC)偏光セミフィニッシュレンズの量産開始
1998年 偏光シート自動曲げ機導入
射出成形機1台増設
偏光シート抜き、ダブルクランクプレス機導入
1999年 PC偏光累進レンズ量産開始
2000年 射出成形機4台増設
自動曲げ機1台増設
2001年 射出成形機2台増設
2002年 射出成形機1台増設
2003年 度付レンズ用研磨ジェネレーター導入
度付レンズ国内販売開始
鯖江市川去町に土地・建物取得
2005年 射出成形機2台増設  
北野町2丁目土地取得
2006年 射出成形機4台増設
WRAPレンズ生産開始
2008年 吉川工場(川去町)にて、クリーンルーム設備を有するハードコート自動ライン装置導入
2010年 吉川工場コート部門を分社化(株)MKC設立
2011年 ダブルインジェクション成型機導入 
偏光セミフィニッシュレンズに関するアメリカ特許取得
2012年 セミフィニッシュレンズに関するアメリカ特許取得
2013年 太陽光発電設置
2017年 平成28年度補正ものづくり開発支援補助金事業実施
2018年 平成29年度補正ものづくり開発支援補助金事業実施
ものづくり経営力向上認定
射出圧縮成形機導入
偏光レンズの着色方法に関するアメリカ特許取得

アクセス

所要時間

JRを利用した場合
大阪から約1時間50分
名古屋から約1時間50分
東京から約3時間30分

お車を利用した場合
大阪から名神高速、北陸道で約2時間50分(休憩含まず)
名古屋から名神高速、北陸道で約2時間10分(休憩含まず)
東京から東名(新東名)高速、名神高速、北陸道で約6時間30分(休憩含まず)

最寄り駅

JR北陸線 鯖江駅
鯖江駅から弊社までは、タクシーで約10~15分およそ1,500円ほど

最寄りI.C

北陸自動車道 鯖江I.C
鯖江I.Cより約10分

このページの先頭へ
(C) 2019 MIYOSHI INDUSTRIAL ENTERPRISE INC. All Rights Reserved.